メインコンテンツに移動 フッターナビゲーションまで飛ばす

デザイナーについて DINGYUN ZHANG

「私は体が新しいフォルムの中に入ってしまうような大きなボリュームを作りたいと思いました。水中の生き物からインスピレーションを得て、軽く浮かんでいるような作品を生み出し、 深海に沈んだ彫刻の上に自然に生える珊瑚やキノコのようなカラーパレットを使用しています。

ディンユー・チャンのファッションとの最初の接点はフットウエアでした。コービーとジョーダンのスニーカーに興味を持ち、10代の頃から靴のスケッチを始めました。画家のロバート・ラウシェンバーグとデイヴィッド・ホックニーに触発され、ディンユーはイギリスのサマセットに移って美術を学び、セントラル・セント・マーチンズで2018年にはファッションデザインのBA(学士課程)を、2020年にはMA(修士課程)を修了しました。 2016年、ディンユーはイージー・バイ・カニエ・ウエストにデザイナーとして参加し、イージー 700ウェーブランナー シリーズなどの人気のスニーカーを手がけました。フットウェア、洋服、シーズンコレクションのデザインなど、長年にわたって色々な国のブランドと協働してきました。デザインコンセプトの観点から 、彼はデザインにおいて、ディテールとサステナブル対策をとても重要視しています。