メインコンテンツに移動 フッターナビゲーションまで飛ばす
コラボレーション 10.3.22
5 モンクレール クレイグ・グリーン フォーム・オブ・ネイチャー

クレイグ・グリーンは、ビジョナリーな機能性を巧みにデザインします。あらゆる環境下に対応可能なウェアを生み出すクレイグ・グリーンは、フォルム、ディテール、テキスチャーに対する独自のアプローチを有します。その表現法は、ディテールにこだわるモンクレールの冒険心とパーフェクトに呼応しています。

今回で、クレイグ・グリーンとモンクレールジーニアスのコラボレーションは6シーズン目を迎えます。春に向けたアイテムには、よりライトな機能性が昇華されています。そのクリエイションプロセスは、自然の要素というアイデアと一着の衣服が複数の機能を持ち得るというコンセプトを源としています。

新しいコレクションは、フラッグや信号などのシンプルかつ大胆なグラフィックを中心に、アウターやTシャツには航海の世界で使用されるサークルやスクエアがプリントされています。世界地図モチーフもテーマの一つで、地図上にはモンクレールのロゴとハートが交差して描かれています。新しいモンクレールロゴは、流れるようなラインのアブストラクトなスタイルが際立っています。 

パーカーやジップアップジャケット、キルティングジャケット、ベスト、ゆったりとしたボトム、スウェットシャツ、あるいはTシャツなど、いずれのアイテムも機能的な構成を特色とし、クレイグ・グリーンのパーソナリティーが存分に反映されています。

ゼロウェイストをテーマにしたインターシャジャケット、リサイクルナイロンを用いたライトジャケットやパーカー、あるいはオーガニックコットンのTシャツにデザイナーのサステナビリティに対する配慮が表現されています。おなじみのマットでオパックなディテールはドローストリングによってパーソナルなアレンジが可能です。マルチファンクションというコンセプトを継承したコレクションで、ユニフォーム風のジャケットにホイッスルをあしらった3Dロゴが配されているほか、折りたたみ式のバックパックも登場します。モンクレールならではのリップストップナイロンやウォッシュドコットンをはじめとしたアイコンファブリックに、ネオンオレンジやスカイブルー、グラスグリーン、レモンイエローといったナチュラルなアースカラーパレット、そしてブルーとブラックがコーディネートされています。アクセサリーは、バケットハットやローカットスニーカー、パッカブルバックパックといったアイテムが登場します。