メインコンテンツに移動 フッターナビゲーションまで飛ばす
ストーリー 25.5.22
モンクレール ボイス ホープ

ガブリエル・モーゼス

光り輝くあたたかな季節がやってきます。モンクレール ボイスは、3つの夏のビジョンを展開します。

愛、希望、喜びという共通のテーマを軸に、写真家のグレイ・ソレンティ、ガブリエル・モーゼス、ミン・ヒョンウが、それぞれのサマーストーリーを綴ります。パーソナルな趣の写真には、多くの物語が秘められています。3人のまったく異なる世界が豊かなビジュアルタペストリーを織りなし、エネルギーにあふれたモンクレールのサマーシーズンを称揚します。条件を課されることなく、独自の視点から自由に撮り下ろした写真家たちによって、それぞれの世界観とモンクレールのシグネチャーコードが交差するビジョンを表現します。自らの友人やコラボレーターに向けた最適なスタイリングが行われ、モンクレール定番のライトウェイトダウンジャケットやベスト、最新コレクションからハットやアイウェアといったアイテムがピックアップされています。あたたかな日中や、果てのない夕べのひとときにぴったりのコーディネートが展開されます。

希望をテーマにしたガブリエル・モーゼスは、エネルギーに満ちたスタイリッシュなシーンを通じて、ナイジェリアのレジリエントな新世代を描き出します。若者たちのサブカルチャーに対する真摯なまなざしが表現されています。その世界において、希望というコンセプトはより広範な社会・政治的な意識や、世界に向かって自身をアピールしたいという願望に結びついています。

ガブリエル・モーゼス

あなたにとって夏が意味するものとは?

夏は、友人や家族との思い出が生まれる季節です。


作品ではイデオロギーや政治性が前面にアピールされています。写真家が社会に対して担う役割についてどうお考えですか?

写真を撮ることによって、自身の物語を綴り、ストーリーを制御することが可能になります。


希望という言葉を耳にして、最初に想起されるものは何ですか?

「恐れを持たないこと」だと思います。