Complimentary Express Shipping on all your purchases

Complimentary Express Shipping on all your purchases

メインコンテンツに移動 フッターナビゲーションまで飛ばす

Frequently Asked Questions

商品とアフターケア

戻る
一部製品の洗濯ラベル、下げ札にある組成表示において指定用語ではない組成表示があったことが判明しました。正式な表示は“馬革"であるべきところを”ホース革”と表示されていた製品がございました。

該当品番は以下の通りです。
G209U1A00022 5099H 999
G209U8G00012 809F4 999
F209U1A50110 68950 999
F209U1A70210 5099H 999
F209U8G70810 809F4 999

品番は製品内側に縫い付けられている洗濯ラベルでご確認いただけます。

ご希望のお客様には洗濯ラベルの訂正シールと下げ札の送付をご案内しております。詳しくは店舗にお越しいただくか、クライアントサービスにお問い合わせください。
サポートが必要な場合、または商品についてご質問がある場合:

– 商品を購入された正規販売店、またはモンクレールのブティックにお立ち寄りください。

– オンラインでご購入またはその他の店舗でご購入された場合は、以下のアフターケアのフォームに記入してモンクレールお客様サービスにお問い合せください。

必要なサポートを受けていただくためにも、できる限り詳しい情報をまとめておいてください。

すべて修理できるわけではありませんが、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

「よくある質問」に、商品のお手入れとメンテナンスに関するヒントがありますので、参考にしてください。
取り扱い表示については以下をご確認ください。

• モンクレールの衣服の内側に付いている取り扱いラベル

• Moncler.com の商品 ページに表示された素材と取り扱いに関する情報

正しいお手入れについては、衣服の内側にあるラベルの指示に従ってください。

香水、化粧品、手指消毒剤などのオイルまたはアルコールベースの物質との接触は避けてください。生地に悪影響を与え、落とせない汚れの原因になる可能性があります。

大きな汚れの場合は、汚れが衣服の生地に染み込まないよう、すぐに洗浄することをおすすめします。
商品の生地やアクセサリーが洗濯中に損傷しないように、アクセサリー (ファスナーのプルタブなど) を覆ってから洗うようにしましょう。

凹凸の激しい表面と接触すると、生地が傷ついたり、最もよく使う部分や端の部分の糸がほつれたり、擦れたりすることがあります。商品を最高の状態に保つためには、そのような表面を避けた方がよいでしょう。

商品は涼しく乾燥した場所に保管し、直射日光や高温多湿の環境に長時間さらさないでください。
詰め込んだり、折りたたんだりすると、刺繍、アートワーク、パール、スタッド、毛皮やフェイクファー、レザー片などのデリケートな部分が台無しになってしまう可能性があります。慎重に保管することをおすすめします。
また、時折商品を保管場所から取り出し、空気に触れさせた方がよいでしょう。
モンクレールのジャケットの大半は、ドライクリーニングに出すことをお薦めしています。具体的なクリーニングの方法については、モンクレールの衣服の内側に取り付けられている取り扱いラベルを必ずご参照ください。

取り扱い表示に記載があれば、ご家庭で洗濯できる場合もあります。ご家庭でお洗濯される場合は、特に以下の点にご注意ください。

• 洗濯機の使用が認められている場合は、洗濯機に洗濯物を入れすぎない。

• 水に浸しっぱなしにしない。

• 平干しする。

• ダウンジャケットの場合、乾燥中は一定の時間毎にジャケットを動かし、ダウンが均等になるようにボーダンキルティングを軽く圧迫し、ボリュームを調整します。

• ナイロン以外の生地 (フランネル、ベルベットなど) は、洗濯の最後にブラッシングします。衣服専用のブラシを使ってくさい。

ファーやレザーは専門業者にお任せください。

保管の際は、圧縮せず、吊るしで保管することをおすすめします。
具体的なクリーニング方法については、モンクレールの洋服の内側に取り付けられている取り扱い表示のラベルを必ずご参照ください。

取り扱い表示に記載があれば、ご家庭で洗濯できる場合もあります。ご家庭でお洗濯される場合は、特に以下の点にご注意ください。

• 洗濯機の使用が認められている場合、洗濯機に洗濯物をいれすぎない。

• 水に浸しっぱなしにしない。

• 洗濯ネットを使う。特に、ソフトなトリコット生地が使用されている服。

• 裏返してアイロンをかける。

• ソフトな生地の場合、洗濯の最後にブラッシングします。専用の粘着性ブラシをご使用ください。

ファーやレザーは専門業者にお任せください。

保管の際は、圧縮したり、吊るしたりしないことをお薦めします。生地の繊維が伸び、型崩れしてしまいます。

ニットウェア(カシミア、モヘアなど)の場合は、何日も続けて着用しないようにしましょう。そうすれば繊維を適度に休ませることができ、ニットを美しく保つことができます。
絶対に靴を洗濯機で洗ったり、水に浸して洗ったりしないでください。 靴の素材が傷むうえ、色移りや靴底が剥がれる原因になります。

靴底を手入れにするときは、白くて柔らかい、糸くずのついていない布を中性洗剤を溶かした水で少し湿らせて軽く拭きます。

靴上部のお手入れ:

• ナイロンや布の靴の場合は、バイオスポンジを使用して、繊維に浸透している汚れやほこりを取り除きます。

• ヌバック、クラストレザー、スエードの靴の場合は、天然または柔らかいプラスチック製のブラシを使用してください。

• PVC(塩化ビニール)、レザー、パテントレザーの場合は、マイクロファイバークロスを使用してください。

靴が完全に乾いているのを確認してから保管してください。 涼しく乾燥した場所で数日間空気に触れさせてから保管することをお薦めします。
絶対にバッグを洗濯機で洗ったり、水に浸して洗ったりしないでください。 素材が傷むうえ、色移りやハンドルが取れる原因になります。

バッグのお手入れは専門家に任せましょう。
サングラスはぬるま湯で洗ってください。レンズに何か付着している場合は、中性洗剤を少し溶かしたぬるま湯を使用してください。 乾いたら、購入時に付いていた付属のレンズクリーニングクロスでレンズを磨いてください。

購入時に付いていたポーチか保護ケースに入れて保管してください。 高温の環境(暖房、自動車内)での長期保管は、フレームが変形する原因になりますのでご注意ください。